愛する猫の病気を助ける【皮膚病に罹ったら即獣医へ】

ペットにも保障

遺影

人が所有しているものには価値があります。投資した金額を保障するためには、保険をかけておくと安心できます。月々一定額を支払うことで、大きな災害や病気でかかる費用も補填できます。

More Detail

罹りやすい

猫

猫は皮膚病に罹りやすいと言われており、その理由は外に頻繁に出歩くことが挙げられます。犬の場合は勝手に散歩に行くことはなく、飼い主と一緒に散歩をするので変なところに行くことを避けることが出来ます。ですが、猫の場合は一緒に散歩に行くわけではなく、放し飼いをしている飼い主が多いので猫がどこを歩いているのか把握しにくいものです。汚れている場所などウイルスがたくさんいる可能性があり、感染して皮膚病に罹ってしまうことがあるので注意しなければなりません。猫が皮膚病になってしまった場合、早めに獣医へ診せるようにしましょう。

猫の皮膚病にも色々なものがあり、一つに日光皮膚炎が挙げられます。猫は日向ぼっこが好きで、日光にあたって眠っていることもあるでしょう。紫外線を浴びすぎると皮膚炎になりやすく、また日光皮膚炎は放置してしまうと皮膚がんを発症してしまうこともあるので気を付けなくてはなりません。その他にもアレルギー性皮膚炎があり、人間と同じように猫もかかってしまうものです。ノミアレルギーの場合、ノミが付着しないように清潔にしておくようにしましょう。猫が痒そうにしている、毛が抜けて脱毛症になっているなどの場合は皮膚病を発症している可能性が考えられるので自己判断せずに、獣医にまずはチェックしてもらうことが重要になります。また、皮膚病を発症させないためにも猫の食事に注意すると良いです。今はペット用のサプリメントなども販売されているので、食事と一緒に取り入れると良いでしょう。

しっかりしつけよう

飼い主とペット

犬を飼うのならば、しっかりとしたしつけを覚えさせましょう。しつけがしっかりできていないと、他人の生活に迷惑をかけますし、危害を加えてしまいます。しつけによって近隣住民の方とトラブルにならず、安心して生活できます。

More Detail

ホテルを利用する

犬と猫

成田空港の近くにはペットホテルがあり、旅行に行く際に利用する人は少なくありません。数日間家を空けることになり、誰かに預けられれば良いのですが厳しい場合はペットホテルを利用すると良いでしょう。